アーユールヴェーダとは

倉敷Rasa-yanaラサーヤナ

アーユルヴェーダとは、世界3大医学の一つです。

インド・スリランカで生まれた5000年以上の歴史を

持つ世界最古の伝統医学。サンスクリット語の

Ayuh(生命・寿命)、Veda(科学・知識)から

来ており、実践的な生活健康法として

受け継がれてきました。

医学のように病気の症状を取り除くのではなく、

アーユルヴェーダはより健康に、

長寿や若さを保つことを目的とした予防医学です。

食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・瞑想)といった

日常生活に関わるものから生命そのものまでを

科学する医学でもあるのです。